j-brass 本文へジャンプ
スケジュール



愛とエネルギー溢れる音楽で明日の元気をチャージする 
ラテン応援団
Los hijos de la galaxia
『ロス・イホス・デラ・ギャラクシーア』 
銀河の子供たち

メンバー
高橋ゲタ夫(leader,b)
木幡光邦(tp,g)
安達奈央美(tp)
佐野聡(tb)
宮島れいら(p)
宮本仁(perc) ※5/21.22.23出演
安藤弘(perc) ※5/24出演

ツアースケジュール
☆5/21(月)広島 LIVE Cafe' Jive
 open19:00 start19:30 TEL 082-246-2949
 一般予約3,500円/当日4,000円(飲食代別)
 学生予約2,500円/当日3,000円(大学生以下/飲食代別)
 中学生以下無料(飲食代別)
 (但し保護者同伴に限る/限定10名様/要学生証/飲食代別)

☆5/22(火)松江 CROSS -Music and Bar-
 open19:00 start19:30 TEL 0852-22-0131
 チケット一般 4,000円+ドリンク500円
    /当日 4,500円+ドリンク500円
 チケット大学生 2,500円+ドリンク500円
     /当日 3,000円+ドリンク500円
 高校生以下の学生に限り 
 親子ペア券4,500円+2ドリンク1,000円/当日券500円増
 (保護者同伴に限る/限定10名様/要学生証)

☆5/23(水)和歌山 Restaurant Cafe Desafinado
 open18:00 /start19:30 TEL 073-441-6166 
 一般予約3,500円/当日4,000円(飲食代別)
 学生予約2,500円/当日3,000円(大学生以下/飲食代別)
 中学生以下無料
 (但し保護者同伴に限る/限定10名様/要学生証/飲食代別)

☆5/24(木)名古屋 good'n cool Music & Coffee
 open18:00 /start19:00 TEL 052-829-0939
 一般予約3,500円/当日4,000円(飲食代別)
 学生予約2,500円/当日3,000円(大学生以下/飲食代別)
 中学生以下無料
 (但し保護者同伴に限る/限定10名様/要学生証/飲食代別)

メンバープロフィール
高橋ゲタ夫(leader,b)
ギタリストの高中正義のレコーディングやライブ活動、さらに日本で初めてとなるサルサバンド「オルケスタ・デル・ソル」にも参加。
ラテン・フュージョン・ピアニストの松岡直也率いる「松岡直也&ウィシング」に参加。後の松岡直也グループでは『大番頭』としてグループの中心として活躍する。
向井滋春、日野晧正をはじめ、数多くのセッション&レコーディングに参加。
津軽三味線ユニット「Oyam X Nitta」と共に、トリニダード・トバゴ、ドミニカ公演。
グループ「はぽにやす」や三宅純らと欧州8ヵ国公演、熱帯ジャズ楽団 N.Y.公演などの海外公演も多く傍ら、井上陽水、徳永英明、南佳孝、天童よしみ 等のツアーにも参加。
2001年「ピンクボンゴ」に参加。「Dai-Dan-Enn/PINK BONGO」(14 六粋堂)まで5枚のアルバムを制作。話題を集めている。
同年ロックバンド「ザ・ローライダース」結成。2006年より「クリスタル・ジャズ・ラティーノ」を始動し、「UENO JAZZ INN 2009」「SASEBO SUNSET JAZZ INN 2010」コンサートを湧かせ、DVD を2012年リリース。
また、「観覧車の夜」from「The SUN/佐野元春」「ハートにズキューン」from「Julie with The Wild Ones」「The Moon Of Maduro/加瀬邦彦ONLY ONES」等の編曲作品もある。
熱くグラインドするグルーブで各地を沸かせている。

木幡光邦(tp,g)
1958年宮城県岩沼市に生まれ、静岡で育つ。吹奏楽部でトランペットに出会い、ジャズやロックに惹かれバンド活動も始める。
その後ジャズへの道を本格的に進み、水野たかしとラッキーマイス、原信夫とシャープス&フラッツ、高橋達也と東京ユニオン、角田健一ビックバンドなどに参加。
UA、大江千里、SAS、福山雅治、爆風スランプ、矢沢永吉、吉田拓郎、のサポートの他、国内外のアーティストとの共演を経験する。
現在は、小曽根真with NO NAME HORSES、エリック宮城EM BAND、守屋純子オーケストラ、山下洋輔JAZZオーケストラに参加する傍ら、
『923BIGBAND』『HOTCORNETS』『BB-FLATS』でのライヴや様々なレコーディングで活躍中。
『リーダーアルバム』
INTRODUCING THE 923BIGBAND   923BIGBAND
KOIBAKA /恋のバカンス HOTCORNETS
LOVE /ラブ HOTCORNETS
ALL OF ME /オールオブミー      HOTCORNETS 
『BB-FLATS』のアルバムは来年発売予定。

安達奈央美(tp)
生まれも育ちも東京都町田市周辺。3歳からピアノ、中学からトランペットを始める。専修大学在学中は学内外のバンドで活動し、4年次に在籍した明治大学Big Sounds Society Orch.にて複数のコンテストで受賞。トランペットを原朋直氏らに学ぶ。
卒業後、ライブハウスKento’sのレギュラーバンドでのホーンセクションや、ビッグバンド、パフォーマンスバンド、インストバンド「東京ブラススタイル」の創設メンバーとして活動、3枚のアルバムに参加。
またラテン音楽にも傾倒し、2005年サルサバンドのキューバツアーに参加、音楽祭Cuba Discoに出演する。以後も在日ラテンミュージシャンとの演奏を重ね、2010年キューバでの現地ミュージシャンとのレコーディングに参加。
「Lady Angel 107」、「James Brown Tribute」、三宅伸治、円道一成、ササキオサム、松本治Horny Funk Gang、久住昌之&オーケストラQ 等のバンドや、多くのセッションに参加。
ラテン、ソウル/R&B/ファンク、ジャズを中心として、ライブやイベント、レコーディング、アーティストサポート等行っている。

佐野聡(tb)
1966年2月22日生まれ 魚座,丙午(ひのえうま),A型 4歳の時、田熊節子氏からヴァイオリンを習う。
6歳の時、近所の同級生から手笛(ハンドフルート)を教えてもらい、楽曲が吹けるようになるまでハマる。
9歳の時、はせさん治氏司会のNHK教育番組「ふえはうたう」にリコーダーソロ演奏、ハンドフルート演奏で出演。
13歳の時、ブラスバンド部に入り、トロンボーンを始め、以来この楽器の虜になる。
以来、トロンボーンを中心軸として、色々な楽器に興味を持ち始める。
クラシックトロンボーンを佐藤菊夫氏に師事、1966年、国立音楽大学に器楽科トロンボーン専攻生として入学。
在学一年後、玉置浩二氏率いる安全地帯のツアーに参加。実質、これがプロとしての活動開始となる。
同大学卒業後も、ツアー、レコーディング、ライブ等様々な音楽活動を経て現在に至る。
2012年にマルチプレーヤーのメンバー宮本大路(Sax./etc),モヒカーノ関(Pf./etc.)によるトリオ、スーパーマルチーズを結成。 様々な活動を開始する。
2014年7月11日、スイスでの由緒あるイベント、モントルー・ジャズフェスティバルに、ブルーノートTOKYO オールスタージャズオーケストラの一員として参加。
1997年に自己リーダーバンド「Bacchus」によるアルバム「Fank A La Mode」をリリース(トライエム)。
2001年にギタリスト松原正樹のプロデュースによる1stソロアルバム「Quiet Visons」をリリース(aosis records)。 2005年にキーボーディスト新川博のプロデュースによる2ndソロアルバム「Day By Day」をリリース(aosis records)。
2010年にフルート、トロンボーン、チェロを中核とした異色の編成のクラシカルクロスオーバーバンド「Trio The Trip」とファドの名手、羽根田ユキコによるアルバム「Music trip~アランフェス~」をリリース(DOMO records)。
2013年に都筑章浩(Per.)、加藤実(Pf.)との三人編成「SUPER3」による1stアルバムをリリース。
他レコーディング、ライブ活動等 AKB48,嵐,叶姉妹,山崎まさよし,いきものがかり,浜崎あゆみ,ポルノグラフィティ,杏里,Combonitos,Bacchus,KING,松原正樹,渡辺幹男,Shiro Sasaki Caoba Big Band,Eric Miyashiro EM Band,Trio The trip,etc…。

宮島れいら(p)
3歳からエレクトーン、4歳からピアノを始め、国立音楽大学附属小学校より同高等学校までクラシックピアノを専攻する。
12歳の時ジャズトロンボーンを始めたのをきっかけにジャズピアノに興味を持ち、洗足学園音楽大学ジャズコースにてジャズピアノを専攻する。
4年時に同大学の選抜ビッグバンドGet Jazz Orchestraでコンサートミストレスを務め、2017年3月に同大学ジャズコースを首席で卒業。
現在は東京近郊のライブハウスにてライブ活動を行っているがジャズだけではなくポップスやクラシックも積極的に演奏し、ソリストとしてオーケストラとの共演やバレエダンサーとの共演をするなど活動の幅を広げている。
ジャンルにとらわれないオリジナリティのある音楽を目指し、自ら作曲やレコーディングも行う。

宮本仁(perc) ※5/21.22.23出演
1981年1月20日生まれ。横浜横須賀育ち。
いわゆる皮モノと呼ばれる、手で叩く打楽器のエキスパート。
元ラテン系パーカッショニスト。
現マルチジャンルパーカッショニスト。
ドラムとのコンビネーション、グルーヴに定評有り。
フリーランスとして活動中。
幼少よりピアノ、中学生でギター、高校生でトロンボーンを演奏。
高校在学時にラテン音楽と出会い、パーカッションに転向する。
卒業後すぐにキューバへ短期留学。
コンガとボンゴをオスカル・バルデス氏、都筑章浩氏に師事。
その他のパーカッションは、ほぼ独学。
また音響機器、マイキングの知識も豊富。

Andito 安藤弘(perc) ※5/24出演
サルサに於ける音楽的技術、並びに背景に対する理解度は本場サルセーロと差しで渡り合える、サルサパーカッショニストのファーストコール。
海外著名サルサミュージシャンの国内サポートメンバーの常連(ジミーサバテール、エルマンオリベラ、ジミーボッシュ、フランキーモラレスetc…)。
30年以上にわたるNY,PRサルサ関連の豊富な知識よりサルサWikipediaとの異名あり。


   
Copyrightc2012 j-brass All rights reserved.

本サイトに記載のテキストおよび画像、映像、
一切のコンテンツについて許可なく転載することを固く禁じます。